離婚の知識

離婚と探偵|依頼するメリットとデメリットは?

LINEで送る

unnamedy6v8z1ga

おそらくあなたは、あなたの旦那の浮気に悩み、離婚を考えているのかもしれない。

あるいは旦那が浮気をしているらしいが確たる証拠がないため離婚を切り出せないのかもしれない。

結婚生活はお互いの貞操を守る義務がある。にもかかわらずあなた以外の女性と肉体関係を持つのは立派な義務違反で離婚原因に該当する。

ただし、「なんとなく怪しい」段階で追求しても、はぐらかされるか突っぱねられる可能性も高い。

旦那の浮気が原因で離婚すれば旦那にとって不利な条件で離婚をすることになるので、何とかしてそれだけは避けたいと思うのがダメ夫の心理だからだ。

そのため探偵に依頼をして確固たる証拠を押さえるのは有効な手段だ。

証拠をもとに慰謝料の請求をして、離婚もあなたにとって有利なものにする・・・こういうシナリオも描きやすい。

ただし、探偵に依頼する場合はメリットもあるが同時にデメリットやリスクも考察しなければならない。

ここで探偵に依頼をする場合に検討するべき事項を押さえてみよう。

 

離婚と探偵

メリット 証拠の確保

前述のように、浮気現場を押さえられて言い逃れができないようになってしまえば認めざるを得ない。ダメ夫がいくらダメ夫でもそのくらいは理解できるだろう。

そのため探偵に依頼して浮気現場を押さえ、言い逃れをできないようにするのだが、ではその証拠とはどのようなものだろうか?

・浮気相手とホテルに入る写真

・メールのやり取りの取得

・浮気相手の自宅にはいる写真

・デート現場の写真

これらはあなたが自分で押さえようと思ってもほぼ無理だ。顔がばれているし、探偵のような職業でやるわけではないのでヘマをする可能性が高い。

ダメ夫に気付かれずに証拠を確保するには探偵は極めて有効な手段だといえる。

 

離婚原因となる証拠とは?

ここで、仮に浮気相手とデートをしているところを写真に撮り、それを離婚原因だとする場合を検討してみよう。

ダメ夫と浮気相手が駅で待ち合わせをして、レストランでランチをし、公園を散歩し、ホテルに入り、駅で別れる・・・

極端な話だが、この一連のデート現場のうちで、離婚原因として証拠になるのはホテルに入る瞬間の写真しかない。

離婚原因の不貞行為とは、せんじつめればずばり肉体関係なので、それ以前のデートやキスは不貞行為には該当しないというのが法律の解釈だ。

そのためいくら公園でキスしようが道で手をつないでいようが「でも肉体関係はない」と言いはられればそれ以上は憶測でしかない。

 

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3-%e8%99%ab%e7%9c%bc%e9%8f%a1もちろん「ホテルに入ったけど、肉体関係はない」という言い分はあるかもしれませんが、世の中はそこまでバカではありません。
最終的に裁判になってそんなことを主張しても関係者に笑われるだけでしょう。

肉体関係の現場を押さえる必要があると早とちりしてそのものずばりを撮影してしまうのはただの盗撮です。趣味も悪いし違法収集証拠になるのでやめましょう。

 

探偵に依頼をするデメリット・リスク

費用が掛かる

探偵に依頼をするメリットは当然不貞行為の現場を押さえ、証拠を確保することだ。

だが、当たり前だが探偵はプロなので依頼する場合は費用が掛かるのが最も大きなデメリットといえる。

一般的な探偵の費用は40万円~60万円、高額なものになると何百万円とかかることもあるので予め覚悟をしておこう。

 

証拠を押さえられない・証拠がない

あなたがいくら浮気を疑っていても、思い込みや勘違いなどを可能性は否定することはできない。

帰りが遅い、電話がつながらない、単純に女のカンなどをもとに疑ったとしてもそれは事実ではなくあなたの意見でしかないのだ。

また、ダメ夫が警戒して絶対に証拠を押さえられないように気を使った場合、結局証拠を押さえられずに費用だけがかかってしまったということもありうる。

前述のようにデート現場の写真はあっても不貞行為の現場はおさえられなかった場合なども同様だ。

 

ダメ探偵

探偵と名乗っているから安心だとあなたが思っているとしたら先が思いやられる。

探偵にも経験や実力の差はあるし、中にはダメ探偵だっているのが現実だ。

証拠を押さえられないばかりか探偵の事実がばれてしまったり、逆に怪しまれるような場合はやりきれないだろう。

最初の面談の際にきちんと信頼ができるかどうかを見極めて依頼するかしないかを決めるようにしよう。

 

ダメ夫に誠意がある場合は、探偵は無駄になる

浮気をするダメ夫に、もし万が一誠意があるのであれば、なにも証拠を突き付けなくても不貞行為を認め、不利な離婚を受け入れるかもしれない。

この場合は探偵に依頼する理由がそもそもないので費用が無駄になってしまうので可能性としてリスクではある。

ただし、誠意があると思っていても人間は自分がかわいい生き物なのでいきなり人格を豹変させることもあるし、逆もしかりだ。

このあたりはしっかりとダメ夫を見極めて判断するしかない。

 

まとめ

探偵に依頼するのはよほどのことかもしれないが、離婚はあなたにとって人生の一大事件なので頭をよぎるのは当然のことだ。

ただし、早まって依頼をするのは費用の問題やあとあとのことを考えればデメリットやリスクの方が大きかったということも少なくない。

ここにあげたポイントは必ず検証して依頼をするかしないかを決めるようにしよう。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です