言葉の意味離婚の知識

審判離婚とは?|裁判とは何が違うの?

LINEで送る

unnamed9jf0a937

離婚調停が不成立になった場合、そのほとんどは裁判離婚へと移行するのが一般的だ。

しかし、ほんのまれに審判離婚という手続きを経て離婚が成立することがある。

審判離婚は離婚件数全体の1%にも満たないが、「こういう成立の仕方もあるんだ」というくらいのイメージは持っておいた方がいいだろう。

審判離婚とは?

あと一歩で成立する場合の手段

審判離婚は、親権や金銭問題についてほとんどが解決しているのにほんの一部の問題が合意に達しないために調停が成立しない場合にみられる。

一部でも合意ができない場合は原則として調停全体が不成立になってしまうが、それでは時間も経費もかかりすぎてしまうという場合などだ。

この場合、ほんの一部だけの理由で裁判離婚に移行してしまうと費用もバカにはならないし、時間もさらに長い年月かかってしまう。それを裁判所の判断で職権で成立させようという試みだ。

 

審判と裁判と何が違うの?

審判離婚と裁判離婚の大きな違いは、まずは裁判手続きを経ないで結論を出そうということだ。

裁判になれば調停と違って法律の専門家が一から手続きをやり直すことになるが、審判であれば調停手続きの双方の言い分をもとに成立を促すため重厚な雰囲気は裁判に比べれば少ないだろう。

また、裁判は一度判決が出れば控訴する以外は反論の余地はなく、上級裁判所で確定判決が出ればそれに従わなくてはならない。

しかし、離婚審判は審判後の2週間以内に異議申し立てを提出するだけで審判の効力は失われるのだ。

 

審判離婚のパターンとは?

では、具体的にどのようなパターンが審判離婚になりやすいなろうか?

 

ーほとんど合意できているのにも関わらず

・財産分与や慰謝料、親権者などの一部分に意見の違いがある

・感情論ばかりで反発しあっている場合

・双方が審判を望んでいる場合

・結論を早く出したほうがいいと判断した場合

・片方が病気などで調停に出席できない場合

・作為的な引き延ばしをしている場合

 

これらは審判の対象になる。ただし、前述したように膨大な離婚件数のうち、ほんの少しのパターンしか該当しないのでケースバイケースで裁判所が判断することが多いようだ。

 

審判の確定

審判離婚は、夫婦の双方が審判に合意すれば当然効力は確定する。

ただし、仮にどちらかが審判にその場では合意できなくても2週間以内に異議申し立てをしない限りその効力は確定する。

逆に言えば、熟慮した結果どうしても審判が受け入れがたい場合は絶対に2週間以内に異議申し立てをしなければならないということだ。

審判が確定することで調停の成立と同様の効力があるため離婚届は調停を申し立ては方だけで受理されるし、ダメ夫の協力がなくても手続きは完了できるのだ。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です