言葉の意味離婚の知識

離婚事由の”配偶者の3年以上の生死不明”とは?詳しく教えて!

LINEで送る

unnamedb01s5bk3

 

映画のような美談でもなければ相手の行方が分からなくなって3年は男女にとって待ちきれない期間だといえる。

普通の感覚であれば行方が分からなければ不安になり、泣き崩れ、自責の念に駆られる期間を経て新しい人生をスタートさせようと思うだろう。

とはいえ相手の行方が分からなければ離婚手続きもできないのだから新しいスタートを取ろうにもとれない。

そこで民法では離婚事由の一つに”3年以上の生死不明”というカテゴリーを設けているのだ。

 

配偶者の3年以上の生死不明とは?

行方不明と生死不明は違う

ここで押さえておきたいところは、生死不明は「どこかで生きているかもしれないけれど、どこにいるかわからない」というものではないということだ。

この場合は行方不明ということになり、本当に行方不明なのであれば後述する失踪宣告により7年後に死亡扱いにするか、ほかの離婚事由を検討することになる。

あなたの周囲の人が「たまに電話がかかってくる」「この前会ったよ」などのことが判明すれば行方不明扱いになるのだ。

 

3年の起算点とは?

では、生死不明を検討する場合、いつから3年になるのだろうか。

これは最後の連絡が途絶えてから3年となっているので電話があったときとか家を出て行ったときのうち最後のときが起算点となる。

生存を証明する最後の時から3年があれば調停を飛ばしていきなり離婚訴訟を提起することができる。

調停は二人の意見を聞いて進行するのだが、相手の生死が不明なのだから当たり前だろう。

 

生死不明の証明が大変

このカテゴリーの離婚事由は大変に少ないのだが、これは「生死不明の証明」をするのが大変なことに尽きる。

当たり前だろう。生きていることや死亡してしまったことを証明するのは簡単だが、生死不明を証明するのはあなた一人の証言では明らかに証拠不足だからだ。

あなたの周囲の親せきや友人や旦那の人間関係すべてを当たっても不明であることを一つ一つ丁寧に拾うことになるのだが、すべての人間の証言など集めることは事実上不可能だろう。

そのためこの場合は悪意の遺棄や婚姻を継続しがたい重大な理由に該当するかどうかを検討することになるのだ。

 

離婚届を勝手に出してしまったら?

3年も行方不明であれば普通の感覚であれば新しい人生のスタートを切りたくもなるのが人情だ。

そこで「旦那の印鑑を買って離婚届を出してしまおう」ということが頭をよぎるのは仕方のないことかもしれない。

しかし、後日旦那がひょっこり戻ってきた場合、それを追及されると「私文書偽造罪」ということにもなりかねないのだ。

必ず正規の手続きをするようにしよう。

 

失踪宣告とは?

book1

では、なんとなく生きているかもしれないけど、行方不明の場合はどうすればいいのだろう。

更に長い年月が必要だが7年以上の期間が経てば失踪宣告という手続きをすることによって死亡扱いになり、当然に婚姻関係は消滅することになる。

ただし、その後に行方が判明した場合は婚姻関係は復活するので再婚した場合は問題となってしまう。

そのため失踪宣告は特殊な場合にとどめておいて、できれば離婚手続きをしっかりすることの方がいいだろう。

 

 

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です