離婚の知識

やった!離婚できた!でも再婚はいつからできるの?

LINEで送る

unnamedikpp17rw

あなたがダメ夫との離婚を成立させ、新しい出会いを探したところ、離婚成立の初日に運命のひとと出会った!

・・・なんてことがあればいいのだが、実際にはダメ夫との離婚協議の時になんとなく気になる男性やあるいは彼氏がいることもあるかもしれない。

もちろん離婚成立前の不貞行為は浮気だし、浮気は離婚事由に該当するのであなたが離婚を請求される側になってしまう。

私は男女には何が起こっても驚かいないタイプだし、実際にこういうパターンも見てきたので免疫があるが、あまりにも節操がないことも多く目の当たりにしてきた。

これを正しい正しくないの二元論で片づけるのは男女の離婚を語るこのサイトの性質上、あまりにも世間知らずなものとなってしまう。そのため正しいか間違っているかは論じる気もない。

ただし、あなたが離婚成立後の再婚を望んでいるのであれば、いつから再婚ができるのかは大事な問題だろう。

 

再婚はいつからできるの?

男性と女性で再婚可能な期間が違う

女性は離婚成立後100日は再婚ができない。しかし男性は離婚成立したその日に再婚をすることも可能だ。

日本は男女平等を原則としているので反対意見も多いが、これは男女の体の性質上の問題であるので仕方のない違いだとのことで制度化されている。

 

なぜ男女で再婚期間が違うの?

では、なぜ男性は離婚後すぐに再婚できるのに対して女性は離婚後100日間は再婚できないのだろうか?

これは民法上の父子関係の推定といって、生まれてくる子供の父親は誰なのかをはっきりさせるためなのだ。

もちろん夫婦間で子供の父親は誰なのかということは重要な問題だがし、子供からすれば誰が父親なのかわからないというのはあまりにも惨い現実だろう。

 

民法の仕組み

ではここで民法の親族編を簡単に見てみよう。

民法772条には以下のようなルールが設けられている。

(1)結婚中に妻が妊娠した場合は、夫の子と推定される。

(2)離婚した日から300日以内に生まれた子は、離婚した夫の子と推定される。

(3)再婚した日から200日を経過した後に生まれた子は、再婚した夫の子と推定される

このように法律上は決められているのでたとえば離婚後すぐに別の男性と結婚し、すぐに妊娠した場合を考えてみよう。

(1)を見ると、この場合離婚後300日以内に生まれることも考えられるので、本当の父親は新しい旦那なのに法律上は離婚したダメ夫の子供ということになってしまう。

さらに(2)から見ると、これも当てはまるため子供の父親は元の旦那か新しい旦那どっちも該当することになってしまうのだ。

100日間の再婚禁止規定は、これを防ぐための制度だととらえよう。

 

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3-%e7%9b%aeただし、この理論にも反対意見が多い制度であるということも知っておきましょう。
現在はDNA鑑定もありますし、子供の父親が誰かを特定することは難しいことではありません。
また、離婚後すぐに再婚をするのはごくまれなケースで、そのごくまれなケースをもとに全体の制度を設計するのは時代遅れではないかとの批判もおおいのです。

 

 

再婚禁止期間が免除される場合とは?

上記のように、女性は離婚後100日間は再婚ができないことになっているが、では全くできないのかと言われればそうではない。

次の二つの場合は再婚禁止期間が免除される。

 

1離婚時に妊娠していなかった場合

再婚禁止期間の制度の目的から言えば、子供の父親をはっきりさせるためのものなので、離婚時に妊娠している事実がなければ当然免除されることになる。

この場合は客観的に証明できなければならないので医師の診断書も必要になる。しかし妊娠初期は診断の確実性の観点からみると必ずしも完ぺきとは言えない。

そのため後日紛争の火種になる可能性はゼロではないだろう。

 

2女が前婚の解消又は取消しの後に出産した場合

女性が離婚後に出産をすれば、その後は元旦那の子供を再度懐胎するということは考えづらいだろう。

そのため離婚後に出産をすれば100日間の再婚禁止期間は免除される。

 

まとめ

女性は離婚後100日間は再婚できないという制度は、男女平等の観点から言えばやはり問題が多いと思う。

しかし、制度上の問題ではなく、あなたが離婚で少しでも有利に人生を運ぶためには一つの重要なファクターだととらえるべきだとも思う。

せっかく新しいパートナーが現れて新しい人生のスタートをきろうとしても、元のダメ夫が「離婚前から不倫していただろう」と蒸し返してくる可能性もある。

この場合は慰謝料請求などの問題にも発展しかねないため、そうなると再出発が暗いものにあってしまうだろう。

そうならないためにもここで最低限の知識は得ておこう。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です