親権者離婚の知識

再婚したら養育費はもらえないの?そんなの絶対にイヤ!

LINEで送る

unnamed (6)

離婚後に元旦那があなたとあなたの子供に養育費をきちんと支払っていたとしよう。

その後、あなたに素敵な男子絵が見つかり、無事に再婚するとする。

再婚の事実を知った元旦那が「再婚したんだから新しい夫が養育するべきだ。だから養育費は払わない」とごねてきた。

この場合はどうなるのだろうか?

 

再婚と養育費

受け取る側の再婚

受け取る側とはほとんどが女性の場合だろう。

ドライに考えれば再婚相手には連れ子を養育する法的な義務はないの。

そのため新しい旦那が「結婚はするけど子供は養育しない」というのもムチャクチャではあるが間違いではない。

そして、新しい旦那に養育する義務がないのであれば当然子供の養育はそれまで通り元旦那に義務がある。

そのため養育費はこれまで通りということになる。

 

ただし、再婚によって経済的な状況が変わり、元旦那から養育費の減額請求や、あるいは離婚協議書で「養育費の支払いは再婚によって再度協議する」と定めていた場合はその都度話し合うことになる。

 

再婚相手が養子縁組をした場合

前述のように、新しい旦那は子供とは法的には関係がないが、では結婚と同時に連れ子を養子縁組した場合はどうだろうか。

この場合は再婚相手に養親としての子供の養育義務が生じるので養育費減額請求の正当な理由になるといっていい。

ただしこの場合でも元旦那が義務を免れるという理屈にはならない。

そのため元旦那の養育費がゼロになるということは、例えば新しい旦那が養育費の支払いを拒んだりするなどの特殊なパターン以外はないと考えよう。

減額に関しては、話し合いでまとまらなければ調停を申し立てて決着を試みることもできる。

 

支払う側の再婚は?

では、ここでは脱線するが元旦那が再婚する場合はどうだろう。

「僕は再婚してあたらしい妻と生活するから養育費は支払えなくなる」

なんて言われてもあなたからすればふざけんなということになるだろう。

この場合は法的には養育費の免除や減額は認められることはない。調停になったとしてもやはり同様の結論だろう。

ただし、最終的に元旦那が再婚して生活費に窮するのに、そこから養育費を支払うというのは通常は考えにくい。

 

この場合、元旦那は子供をもうけるという覚悟と自覚がなかったということになるし、

きびしい言い方をすればあなたがそういう男性を選んでしまったということだ。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です