離婚とお金

離婚と旦那の借金|連帯保証人になった場合ドボン

LINEで送る

unnamedr7u3ptxp

ダメ夫が結婚期間中に借金をした場合、離婚をすれば借金から逃れることができるのだろうか?

配偶者には一般的に連帯責任があり、返済の義務は民法上あることになる。

しかし、離婚をすれば他人なので借金は返さなくてもいいように感じるだろう。実際にこの理論は正しい。

 

ただし、借金とはいってもダメ夫の借金の保証人にあなたがなっている場合はこうはいかない。

債権者(お金を貸す側)とダメ夫との契約であなたが連帯保証人になった場合、離婚したからと言って連帯保証が消滅するということは通常はあり得ないのだ。

現在の日本の法律では判例を含めて連帯保証人になった場合は本人が返済を完了しなければ返済の要求はあなたに来ることになるのだ。

 

どんなに愛し合っていても、どれだけ信頼していても保証人になってはいけないといわれているのは、こういう理屈からなのかもしれない。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です