離婚とお金離婚の知識

離婚と財産分与|不動産はどう分割すればいいの?

LINEで送る

unnamedfkzrqn8s

離婚したときに、婚姻期間中に取得した財産は原則として夫婦二人で分割することになる。これを財産分与という。

仮にダメ夫が「おれが仕事で稼いだお金なんだから俺のものだ」と駄々をこねてもそんな理屈がは通用しない。

夫婦は助け合って生活することを原則としているのでダメ夫の稼ぎはあなたの稼ぎでもあるのだ。

この場合、お金であれば単純に折半すればいいのだが、不動産のように分割できないものはどのように分割すればいいのだろうか?

今回は不動産を分割する際に気を付けるポイントを紹介しよう。

 

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3-%e8%99%ab%e7%9c%bc%e9%8f%a1ここでは不動産の財産分与の一般論をできる限りわかりやすく説明する趣旨で紹介します。
不動産は高額に上ることがほとんどですし、その権利関係も複雑です。不安な場合は専門家に個別具体的に相談すべき案件だととらえ、その前の全体像の知識という観点で読み進めてください。

 

不動産と財産分与

原則として評価額で計算する

不動産は原則として不動産会社や不動産鑑定士などの専門家に査定を依頼してその評価額を算出するところがスタートだ。

評価額は時期によって変動したり、あるいは環境の変化で大きく変わることもあるかもしれないが、ほとんどの場合は離婚が成立したときや別居が始まった時をめやすに算出する。

大きな商業施設ができて不動産価格が上がるような場合、仮にその事実を知らずに分与をしてあとあと後悔がないようにしっかりと下調べをしよう。

不動産鑑定士や不動産会社に査定をお願いするだけでも高い報酬が発生するが、かならず鑑定してもらおう。

 

ローンが残っている場合

最近の傾向だと不動産の取得時のローンが完済しているということは少ない。あなたの所有する不動産もローンが残っているかもしれない。

この場合は

不動産査定額-ローン残額

がその分与額となる。マイナスの場合(ローンの方が多い場合)はもちろん負債を分与することになる。

ただし、この場合は債権者の審査と承諾が必要になるし、最悪な場合夫婦間だけでは決着がつかない場合もでてくる。

まずは債権者に正直にすべてを説明し、どうすればいいのかを相談しよう。

一般的に夫婦で購入する不動産の債権者は離婚程度は想定しているものだ。無難な着地地点を提示してくるだろう

 

売却して分けるか、現物で分けるか

①売却して現金化する

評価額が定まればそれをどう分与するのかを話し合おう

一番わかりやすいのは売却して現金にしてその現金を分ける方法だ。ただしこの場合は売却したくてもできなかったり、あるいは時間がかかってしまうデメリットがある。

普通であれば離婚する場合、一刻でも早く離婚したいと願うのが人情というものだ。不動産の売却話が進まずに年月だけが経ってしまうなんてことはザラにある話だ。

 

②どちらかのの単独名義の場合

ダメ夫が不動産の単独名義の場合、ダメ夫が不動産の所有を継続し、妻へ分与額を現金で支払うのが一般的なパターンだ。

逆にあなたの単独所有の場合、ダメ夫に分与額を支払って所有権を継続することになる。

 

③夫婦共同名義の場合

不動産の場合、共有名義ということも多い。この場合はどちらかが所有権を取得してその差額を相手側に支払うことで解決しよう。

 

まとめ

不動産は、生活の拠点になっていることがおおいし、金額も高額にのぼるためもめることの多い分野だ。

ただし、離婚することを決意した以上、必ず解決しなければならない問題でもある。

ここで全体像をつかみ、専門家に産するなり自分で解決するなりの道筋をて、できる限り有利に交渉を進めよう。

不動産は登記事項のため、なあなあにしてしまうと後日蒸し返しの原因になり後悔することになる。

必ず解決して前に進もう。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です