離婚の知識

離婚と名前|旧姓に戻すべきかどうかのポイント

LINEで送る

unnamedeflv1xm8

離婚をすることで考察するべきポイントとして名前の問題が出てくる。旧姓に戻すべきかどうかはかならず検討する必要があるのだ。

旧姓に戻すべきかどうかを悩むのは子供がいる場合や仕事上での都合によることが多い。

ここで考察するべきポイントを押さえておこう。

 

旧姓に戻すべきかどうかのポイント

旧姓に戻すのは簡単

離婚のときにすでに結論が出ていて旧姓に戻そうとする場合、離婚届にある”婚姻前の氏に戻る者の本籍欄”に記載をするだけで大丈夫だ。

cea5baa7c6cf

赤枠の部分をみて記載をすれば自動的に旧姓に戻るので大変に便利だが、これは離婚時に決断ができていればの話になる。

なぜ離婚届にこのような欄があるのだろうか?

これは一般論だが、離婚届は原則としてどちらかが旧姓に戻ることを前提に作成されているといわれている。

現代のように様々な考えが出てくる前の世代は、離婚したのであれば元の氏に戻るのが常識だったのかもしれない。

 

婚姻時の姓を名乗り続けるには

前述のように離婚届は元の姓に戻ることを前提に作成されているため、婚姻時の姓を名乗り続けるには離婚届とは別に手続きが必要になる。

uji

離婚の際に称していた氏を称する届といって、ぺら一枚だが手続きが必要になる。押さえておこう。

 

手続きは離婚後3か月以内

この手続きで絶対に忘れてはならないのが、離婚後3か月以内に手続きをしないとその後は手続きできなくなってしまうということだ。

3か月以内であれば元旦那の同意や理由なども問われずに手続きさえすれば婚姻時の姓を名乗り続けることができるのだが、3か月を過ぎると家庭裁判所の許可が必要になるのだ。

姓の問題は人の人生において重要な事柄なので、それをいつでも変更できるとなるとハードルを下げすぎることになってしまうために設けられた期限だ。

裁判所の許可が必要になるとなると、もちろん姓を変更する理由が必要だしそれが客観的に見て合理性がなければ認められない。

3か月の期限は絶対に忘れないようにしよう。

 

婚姻時の姓を名乗るメリット

では、婚姻時の姓を名乗るメリットとはどのようなものだろうか?

・子供をひきとり、同じ戸籍に入れる場合、子供の姓を変えたくない場合

・子供が姓の変更を嫌がっている場合

・結婚生活時の社会生活がなじんでしまい、今更戻したくない場合

・離婚したことを知られたくない場合

・各種手続きが面倒な場合

これらの場合を考慮して婚姻時の姓をなのるのは珍しいことではない。

手続きが面倒だから姓を変えたくないというのは面倒くさがりにもほどがると思われるかもしれない。

しかし、住民票、健康保険、免許証、パスポート、銀行口座、生命保険など、変更する手続きは挙げていけばきりがない。そう考えるのも仕方がないといえる。

もちろん、婚姻時の姓のほうがより愛着があったり、思い入れがある場合も同様だろう。

 

旧姓を名乗るべきときとは?

つぎに、実際に離婚した後に旧姓を名乗ったほうがいい場合とはどのような場合だろうか?

・子供が旦那の名前を嫌がっている

・子供と一緒の姓を名乗る必要がない(子供がいない)

・元旦那から嫌がらせがある

・身内から言われた

・元旦那の債権者から催促されたくない

・元旦那の影も形も残したくない

・旧姓に戻り、新しい人生のスタートを切りたい

これらの場合は元の姓に戻るほうがメリットは大きいだろう。

 

まとめ

日本は夫婦別姓が認められていないため、離婚の際にどうしても離婚後の姓の問題が出てくる。

あなたの人生はあなたのものかもしれないが、あなたが思う以上に社会生活に影響を与えているものだ。

そのため離婚に伴う姓の変更もそれなりに慎重に検討し、結論を出すべきで、そのために3か月という期限を設けて熟慮してほしいとの制度だとも思う。

できればここにあげたポイントを押さえて結論を出そう。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です