離婚の知識

協議離婚の全体像|何を話し合うかを知ろう

LINEで送る

unnamedexac5bqq

離婚を決意したとき、最終的に離婚の結論が変わらないのであればいつかは離婚の話し合いをしなければならない。

しかし、全体像をつかまないままただ漠然と話し合いをすると多くの時間を感情論やグチの言い合いになってしまったり、最悪な場合収拾がつかなくなる可能性がある。

離婚の全体像は、大別すると協議離婚、調停離婚、裁判離婚があるが、ここでは最も割合の多い協議離婚において話し合うべきポイントを押さえよう。

 

協議離婚の全体像

離婚の意思に合意はあるか?

おそらくあなたはここまで読んだ段階で離婚の意思があるのだと思う。

しかし、離婚はあなた一人でするものではないので旦那の意思を確認しなければならない。

いきなり離婚の申し出をしたとしても旦那からすればそれまでの結婚生活をふりかえると予想できたことかもしれないし、まるっきり寝耳に水ということもあるだろう。

また、この後に述べる離婚の条件について、条件によっては合意してもいいということもあるだろう。

いずれにせよ、離婚の意思に合意がなければ協議離婚はすることはできない。この場合は家庭裁判所の力を借りることになるのだ。

 

離婚条件のポイント

離婚の意思に合意ができればそのうえで離婚の条件を話し合うことになる。

離婚の条件に関してはお金や子供のことが中心になるのでどうしても遠慮がちになってしまうが、今後のことを考えれば少しでも有利に話を進めるべきだろう。

ここで欲深いとか計算高いと思われようが、そんなことを気にしていてはいい離婚はできない。

ただし、離婚の本質は奪い合いなので相手も同じようにできる限り有利に条件を決めようとするはずだ。

そのためあなたがすべての条件を求めすぎた結果離婚そのものが不成立ということにもなりかねない。折れるところは折れる勇気も必要だ。

 

話し合いのポイント①財産分与

結婚期間中に築いた財産は折半することが原則だ。

「おれが稼いだ金なんだからおれのもの」なんていう理論は通用しない。こんなことをいうバカであれば情けは無用であなたの知っている知識を総動員して叩き潰そう。

結婚期間中に築いた財産は共有財産ということになる。

まずは共有財産をリストアップしてそれをどのように分けるのかを交渉することになる。

 

子供の親権

親権者を決めなければ離婚はできない。

当たり前だろう。子供からすれば自分にはどうすることもできない親の離婚によって親がいなくなるなんてことは世間は許さないからだ。

通常は母親が親権者になることが多いが、どちらも親権を求めることも少なくない。

ただし、この場合は財産と違って奪い合うものではないのでいがみ合わずに解決する姿勢を持とう。

 

養育費

親権者にならなかったとしても養育費の支払いは免れることはできない。

金額について折り合いがつかないのであれば養育費算定評もあるので参考にしよう。

ダメ夫であれば離婚後の養育費を支払わないことが予想される。この場合は必ず離婚協議書を公正証書として保管しよう。

 

慰謝料

ダメ夫の不貞行為で精神的苦痛を受けたりした場合は慰謝料が請求できる。

精神的苦痛は数字にすることが難しいので話し合いになりづらいかもしれないが、過去の裁判例であれば300万円以内で収まっているので参考にしよう。

ただし、これは裁判での慰謝料請求なので、金額が高いから裁判になったという見方もできる。

そのため協議離婚の場合は支払いが可能な範囲で100万円以内で解決することが多いようだ。

 

面会交流

親権者が決まっても子供からすればどちらも親であることには変わりない。そのため別れて暮らす親にも子供は合う権利がある。

勘違いが多いのだが、面会交流は母親が子供を別れた父親に合わせる権利ではなく、子供がわかれた父親に会う権利だ。

そのため親同士の意見で勝手に決めると思い込みや偏見も絡んでしまうので必ず子供を中心に理論展開をするべきだろう。

 

まとめ

協議離婚は裁判離婚のように面倒な手続きも必要ないし、費用もかからないので合意が取れれば一番なじみやすい離婚ともいえる。

しかし、反面、感情的になって話し合いがまとまらなかったり法律の知識がないため正当な権利を主張できなかったり離婚後のトラブルを招くことも多い。

また、離婚については結論を急ぎすぎて話の詰めが甘くなることが多く、後日話し合いを再開させなければならないということもあるのだ。

ここにあげたポイントは最低限押さえるべきポイントだが、とはいえ一般的にはこれで十分なものだろう。

離婚の話し合いをする前にかならず全体像を把握しよう。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です