離婚の知識

離婚調停の欠席|相手がこない場合はどうなるの?

LINEで送る

unnamedfhgakyl1

調停離婚は話し合いでの協議離婚ができない場合に、どちらかの申し出によって家庭裁判所に離婚成立を促してもらう制度だ。

もちろん調停離婚は一つのカテゴリーとして独立しているし、協議離婚でも裁判離婚でもないが、とはいえ裁判離婚の一歩手前の手続きという見方もできる。

裁判では欠席はそのまま判決に影響するし、欠席裁判となれば民事では相手方の請求がほぼ全面的に認められることになる。

では、調停を欠席した場合はどのような結論になるのだろうか?

 

調停を欠席した場合

無欠・当欠していいわけがない

ダメ夫は骨の髄までダメなことが多い。

そのため調停期日の連絡が来てもシカトしたり、忙しいとか仕事が休めないとかの適当な理由を付けて欠席することも考えられる。

ダメ夫なりになんとなく自分が不利なことをうすうす気づいていて結論を先延ばしにしたいとかの思いで表層的な言い訳を考えているのかもしれない。

ただし、いくらダメ夫だとしても調停を欠席して「旦那さんが来ませんからどうしましょうかねえ」なんてのんきに構えるほど家庭裁判所は甘くはない。

 

都合が悪い場合はあらかじめ相談しよう

これはあなたにも同様のことがいえるが、離婚調停の最中にも当然日常の家事や仕事はあるので都合が悪い日というのもあるだろう。

その場合は正直に家庭裁判所に連絡し、事情を説明すれば調停日の変更が可能なのだ。

親権に真面目な理由で話をすればきっと家庭裁判所は理解してくれるだろう。

ただし、何度もリスケをすると「ひょっとしたら結論を先延ばしにしたいだけなのかも」と勘繰られるので気を付けよう。

 

無断欠席は5万円以下の罰金

調停は家庭裁判所がそれなりに準備をしているので、無断で欠席をされるのはほかの事務手続きにも影響するし、不経済だ。

そのため無断欠席は5万円以下の罰金が課せられることがあるのでどうしても欠席する場合は必ず事前に連絡をしよう。

当たり前だが事前連絡と言っても当日にいきなりダメになったなんて言っても家庭裁判所はいい迷惑なのでスケジュールがわかり次第連絡するのが筋というものだ。

 

では、欠席し続けると・・・

前述したように民事裁判では欠席をすると相手方の請求がほぼ全部認められることが多い。

そのため調停も欠席すれば相手方の要求がすべて認められるのかと思いがちだ。

しかし、調停はあくまでも二人の合意を手助けするという制度なので、単純に欠席し続ければ調停不成立になって単純に裁判離婚に移行するだけなのだ。

また、調停と裁判は別の目的で存在する制度なので、原則として調停の資料が裁判で用いられることはない。

無断欠席をして調停委員の心象を悪くしてもそれが裁判に反映するということは原則としてないと考えよう。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です