言葉の意味離婚の知識

調停離婚とは?|全体像とかかる期間

LINEで送る

unnamedila7wsrm

離婚ではまとまらなかったり、相手が離婚の話し合いに応じない場合は家庭裁判所に調停の申し立てをすることになる。

調停は第三者である調停委員が夫婦二人の意見を公平に聞き、話し合いをまとまるように促すものだ。

二人だけの話し合いでは埒が明かない場合や相手が威圧的な態度を取っている場合などは有効だが、調停委員は他人なので、他人に二人の秘密を知られることになる。

 

調停離婚とは?

離婚裁判の一歩手前

前述のように、調停は二人の離婚が話し合いでまとまらない場合の手続きではあるが、見方を変えれば裁判離婚の一歩手前の過程であるということもできる。

話し合いがまとまらなければ誰かが結論を出さなければならない。どれだけ不都合があろうがかわいそうであろうが同様だ。

日本社会では最終的に裁判所がその役割を担うのだが、裁判だとどちらかが意に反して従うことになるし、いきなり家庭の問題を裁判所に持ち込むのもハードルが高い。

そのため裁判離婚の手前に調停という手続きを置いて、一つのクッションにしようというものだという見方もできるのだ。

裁判離婚を提起するには、少数のパターンをのぞいてすべて調停を経ることになる。これを調停前置という。

 

調停離婚のメリット

調停は、法律の専門家の調停委員が夫婦二人の意見を公平に聞いてその解決を促すものなので、決して押しつけがましいものではない。

論点は整理されているので話を進めやすいし、話を聞くのは調停委員なので威圧的でもないし、対立も激化しにくい。

調停で成立したことは判決と同様の効力を持つので離婚後の実行にも反映されやすいだろう。

もちろん裁判ではないので弁護士を立てる必要は少ないし、そのため費用も抑えられるのだ。

 

離婚全体から見た調停

離婚全体から見ると、協議離婚が圧倒的に多く全体の90%を占める。

その次が調停離婚で全体の10%弱、裁判離婚は実に全体の2%程度しかないのだ。

調停で解決する割合が高いのは、もちろん調停という制度が離婚になじんでいるということもあるが、調停でも不成立ならば裁判しかない→裁判だけはいやだという心理面が大きいように思う。

そのためいくら調停が親しみやすい雰囲気だといはいえこれで解決しなかったらあとはないくらいの気持ちで臨むべきだろう。

 

調停のスケジュールと解決までの期間は?

調停は、夫婦どちらかの夫婦関係等調整調停の申立書という手続きをして始まる。

夫婦関係等調整調停申立書といういかにも難しそうな響きの手続きだが難しいものではないし、わからなければ実印をもって家庭裁判所に行けば何とかなるだろう。

申立書が受理されれば相手方(この場合は旦那)にその写しと答弁書(いわゆる反論書)などが送付され、調停期日が告知される。

スケジューリングは、1か月~1.5か月を一つのめやすとして行われる。

双方の主張が全くかみ合わず「こりゃダメだ」と判断されれば2~3回で不成立(打ち切り)となり裁判離婚へ移行することになるが、そうでない場合はさらに審議を重ねてだいたい4か月~1年ほどで解決することが多い。

 

まとめ

調停というと裁判所の手続きなのでどうしても身構えてしまいがちだ。

しかし、旦那の話し合いに誠意が見えなかったり、威圧されたり、あるいは話し合いさえもしてくれない場合は極めて有効な手段だといえる。

話し合いがまとまらずに暗い気持ちになってしまうのであれば調停という手段もあるし、決して難しいものではないということをまずは知ろう。

そうすることであなたの心にも余裕が生まれるし、精神的にも健康だろう。

ダメ夫はどこまでもダメなことが多い。話し合いもダメな場合は調停の方が楽かもしれない。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です