離婚とお金離婚の知識

浮気相手への慰謝料請求|その相場と成功させるポイント

LINEで送る

unnamed (10)

離婚原因が浮気(不貞行為)の場合、慰謝料請求は配偶者(ダメ夫)だけでなく、浮気相手にも請求ができる場合がある。

「できる場合がある」というのは、「できない場合がある」ということでもある。

おそらくあなたは旦那の浮気を悩み、離婚を考えているのかもしれない。

あるいはすでに離婚する決意はできたのだが、どのように話を進めるべきかを考えている最中なのかもしれない。

離婚話は最初の切り出し方が大事だし、切り出し方を考えるということは全体像をつかむことが何よりも大事だ。

ここで浮気相手への慰謝料請求と離婚についての押さえるべきポイントと全体像を押さえよう。

 

浮気相手への慰謝料請求

請求できる場合

まず、旦那の浮気相手に慰謝料を請求できる場合とはどのような場合だろうか。

これはずばり「その人が既婚者と知っていたうえで不貞行為をした場合」だ。

夫婦には低層を守る義務があるので既婚者だと知ったうえで性的な関係になった場合はその義務を一緒に破ることになる。

ダメ夫と浮気相手は案外浮気をノリでする場合も多い。「いいじゃんいいじゃん」で浮気をしている可能性だってあるのだ。

しかしあなたからすればとんでもない話だろう。家庭を崩壊させ、耐え難い心理的苦痛と不安を与えるのだ。こんなことが許されていいはずがない。

貞操の保持は義務だ。義務を破れば義務違反として何らかの解決が必要で、その解決が慰謝料ということになる。

なめた浮気相手には堂々と慰謝料請求をしよう。

 

請求できない場合

逆に、慰謝料請求ができない場合とは「既婚の事実を知らなかったとき」になる。

これには2つのパターンがあって、本当に知らなかった場合と知っている事実を証明できない場合だ。

浮気相手がダメ夫の既婚を本当に知らなかったのであればさすがに慰謝料は請求できない。

これでは浮気相手にしてみれば不可抗力だし、逆に被害者だろう。

ただし、

「なんとなく既婚者っぽいけど、あいまいなままにしよう」ということもあるし、

「既婚者だって知っているけど、見て見ぬふりをしよう」ということもある。

また、浮気相手もバカではないのでこのページ程度の知識はあるものだ。

そのため「知っているけど、知っている事実は絶対に隠し通す」というプロだっているのだ。

最終的に裁判になればあなたが浮気相手が既婚の事実を知っていることを証明しなければならない。

証明ができなければ最終的に慰謝料を払うことはないので開き直って「知りませんでした」としらを切ることもあるのだ。

 

婚姻状態が破たんした後の不貞行為

また、あなたと旦那の関係が婚姻状態としては破たんしている場合、その後の浮気については旦那にもその浮気相手にも慰謝料は請求できない。

この場合、離婚の直接の原因はほかにあって、そこが論点なのでその後の浮気については義務違反(貞操の保持)ではないという理屈だ。

また、ダメ夫が「実は婚姻関係は破たんしている」と浮気相手と近づいた場合も浮気相手には責任がないので請求はできない。

このパターンも多くあって、クズはとことんクズだと思うが、その分ダメ夫にしっかりと慰謝料請求をしよう。

 

浮気相手への慰謝料請求は、手順が必要

浮気相手に慰謝料を請求する場合、絶対におさえておくべきポイントは「手順を踏む」だ。わすれないようにしよう。

浮気の事実をしったときに感情的になってわめいても慰謝料は遠のくだけだ。

ダメ夫も浮気相手も事実の隠匿と何とかして助かろうとあらゆる防御工作をするからだ。

まずは離婚そのものの証拠を押さえ、浮気相手がダメ夫の既婚の事実を知っていることを押さえる。そこからすべてが始まる。

ただし、慰謝料請求の話はしにくいものだし、あなたも浮気相手の顔は見たくもないだろう。

そのため弁護士に依頼して解決を図るというのが現実的だ。

内容証明を送達して心理的なプレッシャーを与えて支払いを促すのが一番かもしれないが、それでも解決しない場合は調停か裁判ということになる。

 

失敗するダメなパターンとは?

浮気の事実と既婚の事実を浮気相手が知っていることを押さえたとしても、話がこじれてうまくいかないパターンはやはりある。

あなたがまずはわきまえるべきなのは、物事には落としどころというものがあって、無茶な請求はできないということだ。

ダメ夫と浮気相手に資産がないのにそれ以上の請求をしたり、相手のいいぶんを一切聞かずに自分の主張ばかりをすれば話はまとまらない。

あなたの目的は話を長引かせて疲労困憊させることではない。適切な金銭的解決をして人生を次のステージに進ませることなのだ。

早く解決できればそれに越したことはないが、だからといって焦りすぎるのもよくない。

浮気は確かに許せるものではないかもしれないが、追い詰めすぎた結果かたちにならないというのは典型的な失敗例だろう。

 

 

慰謝料の相場は?

では、実際に慰謝料の相場とはどの程度だろうか。

浮気相手への慰謝料請求は、あなたの心理的ダメージに対する金銭的解決だ。

だが、当たり前だが心理的なダメージは数字に表すことはできない。そのため過去の裁判例の蓄積などからおおよその相場というものがある。

慰謝料は、最終的にはどのくらいの頻度であっていたとか、社会的批判性が高いかとかの条件で最終的には決まるが、50万円から400万円がその目安だ。

また、実際には100万円~200万円がボリュームゾーンなので、この値をもとに実際の請求額を決めることになる。

請求額は、請求する側が決めることになるので、交渉の結果上下はあっても最初の金額はあなたが決めるのだ。

 

まとめ

浮気相手への慰謝料請求は、煎じ詰めれば他人に債務を負わせるということになるので簡単なことではない。

そのため①浮気の事実②浮気相手が既婚の事実を知っていること の二つを完全に押さえたうえで冷静に行動しよう。

感情的になったり顔も見たくないということにもなるかもしれないが、ほっとくと相手をつけあがらせることになる。現実は厳しいんだということをわからせてあげるのも必要だ。

なお、不法行為への損害賠償請求には時効がある。

浮気の事実を知った時から3年以内に請求しないと請求そのものができなくなるので注意しよう。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です