お申込みページ

以下のフォームにお名前とメールアドレスをご記入いただき、送信してください。

メールを送信しましても、お客様には何の義務も発生いたしませんのでご安心ください。

また、お申し込み後にしつこく連絡や勧誘をすることも致しません。

(連絡がとどこおった場合は何度か確認の連絡をいたします)

お申し込み後、自動返信メールが届きますのでご確認ください。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3-%e7%9b%ae自動返信メールが届かない場合
・迷惑メールに振り分けられている場合もありますので確認をお願いします。

・着信拒否になっている場合もありますので着信拒否を解除して再度仮の申し込みをする。

それでも届かない場合は

03‐6679‐2278

までご連絡ください。

 

お申込みはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号


(確認のためにお電話をさせていただくこともありますので、予めご了承ください)

 

お申し込みの前にかならずこちらをご覧ください

離婚協議書の作成は法務サービスですので単体ですとメリットとデメリットがあります。

そのため一つのサイトですべての方に対応するのは逆にスピードと正確さを失うことにもなりかねません。

そのため以下のケースをお読みいただき、不向きだと判断した場合は別の事務所のサービスを受けられることをお勧めします。

 

まずは当サービスが向いているケースを紹介します。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3ok当サービスに向いているケース
・できる限り予算を押さえて離婚協議書を作成したい

・できる限り早く離婚協議書を作成したい

・離婚協議書としての完成度は高いものがいい

・家族構成が夫婦と子供が3人以下である

・夫婦の財産(現金・不動産など)が莫大ではない

・できる限り離婚後の約束を守らせたい

・スマホ(もしくはネット)をよく使う

・当サイトのブログを読み、ある程度離婚協議書の全体像を理解している

これらの場合は当サービスの効果が最大限に発揮できることでしょう。

できる限り早く完成させますが、かならずリクエスト通りの離婚協議書を作成いたします。行政書士には法律で守秘義務が課せられていますので安心です。

 

・・・ぎゃくに、不向きなケースもここでご紹介します。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3ng当サービスに不向きなケース
・いくら時間がかかってもいいから細部にまでこだわって作成したい。

・裁判で争うことが予想されている

・家族構成が多い

・夫婦間の財産(現金・不動産)が莫大になる

・外国人との離婚

・約束が守られなかったら離婚協議書の責任だと思っている

・スマホ(もしくはネット)をほとんど使わない

・当サイトのブログをあまり読んでいない

 

もちろん、こちらに挙げた不向きな場合は離婚協議書の作成ができないわけではありません。

これらの場合はできればお近くの事務所におおく足を運び、
お時間をとってしっかりと作成をしたほうがいいと考えています。

 

お申し込みの流れ

スマホから簡単申し込み

canvas1

当サイトはできる限り多くの方に離婚協議書を作ってもらうことを目的としています。

そのためスマホ一台で申し込みができるようになっております。

また、全国対応しておりますのでどちらからお申込みいただいても高品質の法務サービスを受けられます。

 

行政書士との打ち合わせ

canvas2

スマホからお申し込み後、アンケートにお答えいただきます(スマホで簡単にできます)。

そのアンケートをもとに行政書士と打ち合わせをしていただきます。

アンケートはお名前や住所などの部分を記入してもらえれば、あとは質問事項にしたがって選択すればいいように工夫がされています。

 

離婚協議書の作成

canvas4

アンケートと電話での面談をもとに、行政書士が離婚協議書を作成いたします。

作成の日数は面談後5営業日以内をめやすにしてください。

メールでの確認後、宅急便で離婚協議書を郵送いたします。

また、当事務所のサービスはすべて業務完了後の後払いになっております。最初に着手金が発生することはありません。

また、最初にすべての料金を提示いたしますので後から追加料金がかかることは絶対にありません。

 

お二人で押印、離婚協議書の完成

canvas3

離婚協議書が届いても、妻と夫で記名押印しなければ完成しません。

タイミングを見計らって最適な時に離婚協議書を完成させましょう。