言葉の意味離婚の知識

結婚を継続しがたい重大な事由|性格の不一致はどう対処する?

LINEで送る

unnamedgzigqhk5

離婚事由においては不貞行為や強度の精神病などは具体的なケースなのでイメージしやすいが、夫婦間はそんなわかりやすいイメージの事例だけで解決できないのは誰でもわかっているだろう。

そこで民法では”婚姻を継続しがたい重大な事由”という極めてあいまいなカテゴリーを設けてさまざまな離婚事由に対処しようということになっている。

離婚事由において一番多いのは性格の不一致だが、これも離婚訴訟になれば婚姻を継続しがたい重大な事由に該当する。

 

婚姻を継続しがたい重大な事由とは?

性格の不一致だけでは離婚できない?

前述したように性格の不一致は婚姻を継続しがたい重大な事由に該当するが、かといって離婚訴訟になった場合にこれだけの理由では離婚が認められることは珍しいだろう。

性格の不一致が離婚のケースで一番多いのは、協議離婚の場合だ。

夫婦関係が双方冷めきっている場合、様々な理由が複雑にありすぎて収集がつかないということ多い。

夫婦にとっては離婚という結論は変わらないのであれこれ考えるのは面倒だし、そんなことどうでもいいから早く離婚したい→理由なんてどうでもいいから「性格が合わなかった」という帰結なのだ。

ただし、離婚訴訟となればこうはいかない。一つ一つの事柄を法律に当てはめて理屈と理屈で争うので「性格が合わないから離婚したい」なんてあいまいな理論は通らないのだ。

 

暴力行為は離婚事由になる

では、性格の不一致が原因で旦那があなたに暴力をふるったとしよう。

この場合、原因は性格の不一致かもしれないが暴力はたとえ夫婦間であっても許されるものではない。

そのため性格の不一致が口げんかで収まらずに暴力にまで及んだ場合はもちろん訴訟になっても離婚が認められるだろう。

また、わかりやすい暴力以外にも性行為の強要や精神に支障をきたすような行為も暴力同様に離婚事由になる。

 

借金問題は離婚事由に該当するか?

次に旦那の借金問題も離婚事由の重要な割合を占める。

ギャンブル癖があってその都度消費者金融に細かい借金をし、それが積もり積もってしまった、生活を圧迫してしまったなどのダメ亭主は切り捨てたくもなるだろう。

この場合にダメ亭主のダメ具合が回復不可能なほどであれば当然離婚事由に該当する。ダメ亭主に付き合ってあなたがダメ人生を送る義務はないということだ。

 

ただし、自営業であれば銀行からの借り入れは当たり前だろうし、未上場会社であれば会社の借り入れの保証人に社長がなるのも普通だ。

これは度を越した借金にはならないし、事業を営む上で仕方のないものだといえる。これだけでは離婚事由には該当しないだろう。

 

親族問題は?

嫁姑問題はドラマだけの世界ではない。親族問題は本人からしてみれば耐え難い問題なのだ。

ただし、離婚は理屈としては夫婦間の問題なのでこれだけが直接の原因になるわけではない。

問題が起きたときに旦那がどういう協力をしてくれたのか、どのような態度なのかが問題になるだろう。

旦那が反省し、今後はあなたに協力する姿勢を裁判で見せるのであれば回復不能な問題ではないので裁判離婚では認められないだろう。

 

宗教上の問題

 

旦那がヘンな宗教に入り浸っていてキモい。

 

 

あなたの気持ちも十分にわかるし、別れたくもなるだろうが日本国憲法で信仰の自由は保障されているのでこれだけの理由では離婚は認められない。

ただし、信仰の結果家族が犠牲になったり日常生活に影響が出るなどの場合は複合して離婚が認められることになるだろう。

たとえば旦那の信仰をあなたに押し付けたり、それがもとで暴力行為をするようになった場合だ。

 

まとめ

婚姻を継続しがたい重大な事由は、このようにあいまいな表現になってしまう夫婦間の問題を離婚事由に該当させようというものなので、ぼんやりした状態では弱いのだ。

また、離婚問題は原因が一つということはまれで、様々な問題が複雑に絡み合っているものなので一般の方ではこれを浮き彫りにするのはなかなか難しいかもしれない。

もちろん夫婦間で話し合い、その結果離婚するとなれば協議離婚によって解決されることになるが、そうでない結論が予想される場合は最終的には裁判離婚も視野に入ってくる。

その時になってあわてるのでは有利に離婚を進めることが難しくなってしまう。

ここはぐっとこらえてまずは全体像をつかみ、あなた自身が問題をはっきりと可視化させ、それが難しい場合は専門家に相談するほうが無難だろう。

↓”いいね”をお願いします!↓

全国対応。14800円~OK!離婚協議書のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに協議書を作成します。
離婚協議書の作成 14800円(税抜き)
スマホ・PCから簡単申し込み
お申し込み後、最短3日で作成
離婚後の約束事の実行可能性が上がります

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です